財団法人 松山観光コンベンション協会 ~笑顔あふれるパワースポット松山へようこそ!~

松山観光ナビ

野球王国松山

日本で一番人気のスポーツはやっぱり野球やろ!松山が生んだ俳人「正岡子規」と野球は深~い関係があるんよ!

正岡子規と野球

正岡子規と野球松山が生んだ俳人正岡子規。
子規の没後100年の平成14年に、正岡子規は野球殿堂入りを果たしました。アメリカ発祥のベースボールを、正岡子規は自らプレーし、広め、野球を題材とした俳句を数多く詠み残しました。

また、正岡子規が訳した野球用語で現在も使われているものは「打者」「走者」「四球」「直球」「飛球」などがあります。正岡子規はまさに日本における「野球の祖」といえる人物なのです!

の・ボールミュージアム(野球歴史資料館)

の・ボールミュージアム(野球歴史資料館)閣松山に野球が伝わって1世紀以上。高校野球を中心に、「野球王国松山」を全国にアピールする数々のすばらしい実績を挙げてきました。そんな松山に、平成15年5月、野球資料館が誕生しました。

正岡子規がペンネームとして「野球」の表記を用いて「のぼーる」と読ませました。正岡子規の像や、愛媛野球歴史年表、輝かしい実績を示す優勝旗、現役プロ野球選手の手形など、なぜ愛媛・松山が野球王国といわれるのか、その理由が分かります!

野球歴史資料館 の・ボールミュージアム

  • 写真:の・ボールミュージアム

    写真:の・ボールミュージアム
  • 写真:の・ボールミュージアム

    写真:の・ボールミュージアム
住所 松山市市坪西町525番地1
(松山中央公園野球場/坊っちゃんスタジアム内)
電話番号 089-968-6660(松山市体育協会)
開園時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日 月曜(祝日の場合は翌日)、年末年始(12/29~1/3)
入場料 無料
アクセス JR松山駅から予讃線普通で5分、市坪駅下車徒歩1分
駐車場 松山市中央公園駐車場利用600台(臨時駐車場あり)

教えて!なもちゃん
正岡子規が詠んだ野球を題材とした俳句・短歌をご紹介!

・春風や まりを投げたき 草の原    (「筆まかせ」明治23年)
・まり投げて 見たき広場や 春の草 (「寒山落木」明治23年)
・恋知らぬ 猫のふり也 球あそび (「寒山落木」明治23年)
・球うける 極秘は風の 柳かな (「寒山落木」明治23年)
・若草や 子供集まりて 毬を打つ (「寒山落木」明治29年)
・草茂み ベースボールの 道白し (「寒山落木」明治29年)
・夏草や ベースボールの 人遠し (「俳句稿」明治31年)
・生垣の 外は枯野や 球遊び (「俳句稿」明治32年)
・蒲公英や ボールコロゲテ 通リケリ (「仰臥漫緑」明治35年)

・久方の アメリカ人の はじめにし  ベースボールは 見れど飽かぬかも
・国人と とつ国人と うちきそふ  ベースボールを みればゆゝしも
・若人の すなる遊びは さはにあれど  ベースボールに 如く者はあらじ
・九つの 人九つの あらそひに  ベースボールの 今日も暮れけり
・今やかの 三つのベースに 人満ちて  そゞろに棟の うちさわぐかな
・九つの 人九つの 場をしめて  ベースボールの 始まらんとす
・うちはづす 球キャッチャーの 手に在りて  ベースを人の 行きぞわづらふ
・うちあぐる ボールは多角 雲に入りて  又落ち来る 人の手の中に
・なかなかに うちあげたるは 危かり  草行く球の とゞまらなくに
野球殿堂入りした愛媛にゆかりある人物紹介