松山産アボカド紹介・海外と愛媛について
« Home »
2月 21st, 2017 コメントは受け付けていません。

松山産アボカド紹介・海外と愛媛について

Tags
Plurk
Share this

 

みなさま!こんにちは橋田一葉です

先日の愛媛マラソンでは、全国から沢山の方にお越しいただいてましたね

ランナーの方へ、沿道から応援される方、ボランティアに従事されていた方、事前準備されていた方など

多くの方の「おもてなし」が結集した1日でした

あたたかい心がすばらしいイベントを作り上げるのだと実感しました

 

 

日本一のアボカド産地づくりを目指す松山

みなさん、ご存知でしたか?

実はアボカドの約99%がメキシコ産で、残り1%が国産であるということを‼︎

日本ではアボカドブームも起こり急速に消費量が伸びており、アボカドの輸入量は、

1993年には4600トンだったのが、2014年には年間5万7600トンまで増加

そんな中、松山市では平成21年から伊予柑からの転換作物として

アボカドの生産に力を入れているんですよ

収穫時期はおよそ12月だそうです

 

よく「森のバター」とも言われるほど、濃厚でクリーミーな緑の味わいに、

私もアボカドが大好物で良く食べています

松山での主要品種は、ピンカートンフェルテベーコン

お料理も

アボカドチーズ鍋・アボカドとろ〜りチーズカツ・アボカドクリスマスツリー・・・

いろんな食べ方がありますね

 

ただ、生産量がまだ極めて少なく、スーパーなどで手に入る事がほとんどありません

松山産アボカドはとっても貴重なんです

今後、全国に先駆けてアボカド日本一の松山」

となっていき、たくさんの方に松山産アボカドを召し上がっていただきたいです


松山市のアボカドをメニューとして取り扱っているお店です♪♪

アボカド期間限定メニューにも大注目です

さかなや道場 https://tabelog.com/ehime/A3801/A380101/38001445/

 

 

 

松山が中四国の住んでみたい自治体1位

なんと!!日経BP社による「シティブランド・ランキング 住んでみたい自治体編」で、

中四国1位となりました(2月9日)

前回、松山市の住みやすさについて記事を書いたのですが、

海外愛媛についても今回気になったので調べてみました

 

平成27年国土交通省の調査では訪日外国人数1,974万人で、

2030年には約6000万人の予想となっています

 

平成27年12月時点で、在住している外国人

愛媛県10,279人

うち松山市2,846人

 

平成27年 外国人の宿泊者数 四国

香川 21.1万人(27位)

愛媛 10.7万人(38位)

高知 6.6万人(42位)

徳島 5.8万人(44位)

 

という結果が出ています。全国的に見て38位という愛媛

これからまだまだ海外の方に来ていただけるチャンスがありますね

 

 

そこで朗報! 2017年4月〜6月 四国DC開催

JRグループなどが展開する大型観光企画「四国デスティネーションキャンペーン(DC)」が

春から行われます!地元自治体や旅行会社と連携してイベント旅行商品を企画して、

さらに多くの方に四国を快適に楽しんでいただけるようになっています

今からとってもワクワクです

これを機に、海外の方も四国へそして、松山へ来ていただけるきっかけになればと思います

中国のお友達からジンギスカンの焼き方を伝授中‼︎

小籠包や餃子など、母国の料理を日本で作り、共有するってすばらしいですね

そして、松山で本場のトルコ料理ケバブがいただけます

美味しいですよ〜♪トルコの方が本格的に作ってくださります

アルゼンチンやフランスの味〝クレープ〃を皆で作りました

このように松山市は、母国の料理を味わえる機会もたくさんあります

本当に海外の方にとっても住みやすい良い街なんだなと実感しています

もっともっと、世界の人と繋がりのある松山市になっていける事を願っています

 

 

 

****** 今後のイベント ******

2月25日〜3月1日 札幌東急百貨店 物産展

 

 

橋田一葉

Comments are closed.