日本観光物産博覧会

みなさま、こんにちは✨

松山マドンナ大使の末廣愛梨です。

最近、気温も一気に上がり、いよいよ夏本番となってきましたね☀

みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

 

私は6月24日から26日に台湾の台北駅で行われた「日本観光物産博覧会」に行ってまいりました!

 

開会式では人生初のテープカットをさせていただきました☆彡

 

日本観光物産博覧会がスタートし、ステージでは日本各地から、様々な催し物が行われ、盛り上がっていました!!

 

愛媛県・松山市のブースでは、観光情報や、文化、食など愛媛・松山の情報がいっぱいのパンフレットを配らせていただきました。

 

 

特に大人気だったのが、的あてゲームです!!

 

 

私も体験してみましたが、なかなか技術が必要で、何回も並んで挑戦してくれた方もいらっしゃいました♪

松山の範囲にあたると、タオルなどの素敵なプレゼントをさせていただきました♥

多くの方に愛媛・松山の位置を覚えていただけたのではないかと思います。

 

 

また、松山と同じ漢字の地名である台湾の松山とはかねてから交流させていただいています。

松山の駅のJR四国のブースやからくり時計を見に行きました!

 

 

台湾の方に温かく迎えていただいて、三日間があっという間でした。

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました!

これからもより多くの方に松山の魅力を知ってもらいたいです(*^^*)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

末廣愛梨

 

 

7月7th,2016

 

日台交流戦開催‼︎

“崇越隼鷹”棒隊球欢迎来松山

こんにちは!橋田一葉です

台湾強豪チーム『崇越隼鷹(トプコファルコンズ)』と愛媛マンダリンパイレーツ

日台交流戦が坊っちゃんスタジアムで開催されました!!

台湾とは親交が深く、愛媛県の「しまなみ海道」など

人気のサイクリングコースがあることから、台湾とのサイクリング交流

両地の温泉交流を含め

2014年には松山市と台北市が友好交流協定を締結

するなど、盛んに交流が行われているんです

 

本日は梅雨の貴重な晴れ間で、澄みきった晴天となりました

 

 

試合は7回表で愛媛MPがリードするも、トプコファルコンズが追い上げ、

愛媛MP5ー5トプコファルコンズの引き分けとなりました

試合後は、選手の皆さんと記念撮影

この試合を観て、台湾の選手の方々の親日さや礼儀正しさ

そして日本と台湾を大切に思って下さるあたたかさを実感しました。

両国の相互理解に、より一層花咲くことを心より願っています

そして野球といえば、松山市が誇る『正岡子規

俳人として有名な正岡子規は、明治22年の夏に

初めて松山に野球を伝えたとされています

「打者」「走者」「直球」などの訳語を生み出し、現在でもそれらは使用されており、

平成14年には功績が認められ「野球殿堂入り」を果たしています。

坊っちゃんスタジアム内には、記念碑が建てられています。

球場を訪れた多くの人に子規を感じて想いを馳せて欲しいです

いくつもの時を越えて、本日の交流戦も

正岡子規が “野球” を通じてつないでくれた出会いだと思っています

 

そして次回のイベントのご案内です

8月23、24日に松山市で44年ぶりとなる

消防救助技術大会が開催されます!!

消防車両の展示や体験ブースもあり、子どもから大人まで楽しめるイベントです

沖田さんと一緒に2日間「おもてなし」をいたしますので、

皆様のお越しをお待ちしております

 

 

橋田一葉

 

 

 

『 Let’s SETOUCHI ! 』〜part1〜

瀬戸内・松山トラベルガイド 『 Let’s SETOUCHI !!

こんにちは。橋田一葉です。四国も梅雨入りしましたね。

雨が多いこの頃いかがお過ごしですか?

今日は広島=松山で運航する船に関するお得な割引

そして新設されたホームページのご案内です

 

 

この度、2013年に新ゴールデンルート(京都広島松山が確立されたことから、

瀬戸内海の旅をより多くの方に満喫していただけるよう、

外国人の方へ向けた新たな取り組みが行われています。

http://setouchi-travelguide.com

この新設されたホームページでは、訪日外国人にとって分かりづらい切符の買い方や、

フェリーの乗り方、お得な情報などを紹介しています。今後さらに海外の方にも

瀬戸内・松山地域の旅を楽しんでいただきたいです

今回は第一弾として、Youtube動画(英語版)が完成していますので、ご覧下さい。

 

https://youtu.be/76mx9l8OG8o 広島宇品港から松山観光港へ

 

https://youtu.be/lqS3TusJZYo JR宮島駅から広島宇品港へ

 

Here is a good news! A new service started where travelers from abroad are given 40% discount on their fare between Hiroshima and Matsuyama.

You only have to show a foreign passport when purchasing this ticket.

 

【Hiroshima=Matsuyama】3,800yen(Jet) 2,000yen(Ferry)

【Kure=Matsuyama】3,000yen(Jet) 1,400yen(Ferry)

Period on sale *2016 4/1 〜 2017 3/31*

 

通常料金よりも40%割引き外国人旅行客の方は乗船することが出来るんです!!

手続きは用紙の記入パスポートを受付で見せるだけでOK

もし、外国人のお友達がいらっしゃる方はぜひ教えてあげて下さいね♪♪

 

そして次回!!

第二弾の呉・宮島で撮影した動画がもうすぐ完成されるので、

クルーズ船での優雅な旅や、美味しいランチなど、

瀬戸内海の魅力をたっぷりお伝えしますね‼︎‼︎お楽しみに


最後にベランダに咲いた紫陽花です。

たくさん種類があり、今が一番の見頃ですね。

古くは8世紀からで万葉集にも詠まれているそうです

 

『紫陽花の雨に浅黄に月に青し』 正岡子規

 

橋田一葉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

松山の「食」を伝える

みなさまこんにちは✨

松山マドンナ大使の末廣愛梨です。

少し前の話になるのですが松山の美味しい食べ物を伝える活動を行ってきました。

 

まず一つ目は、松山のPR動画の撮影で、ロープ―ウェイ街にある「丸水」さんへ☆彡

ここでは「鯛めし」を紹介する動画の撮影をしました!

このような撮影は初めてだったのでとても緊張しました・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お店に入ると大きな水槽が!!!水槽の中で「鯛一郎クン」というブランドの鯛が泳いでいました!


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水槽で泳いでいた鮮度抜群の鯛を細切りにし、海藻、薬味と一緒に生卵の入ったタレの中で絡めます。

そして、アツアツのご飯の上にのせていただきます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鯛が新鮮なので、食感がぷっりぷりで思わず自然に笑ってしまうほどの美味しさでした

 

次に千葉の三越さんで松山農林水産物「カラマンダリン」のPR・販売を行ってきました☆彡

カラマンダリンとは、春が旬の珍しい柑橘で、甘みと酸味のバランスが取れた、爽やかな味わいとなっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客様からは「味が濃厚!」「とっても甘いね!」「毎年楽しみにしているのよ!」など、うれしいお声をたくさんいただきました。

松山から遠く離れた場所でもカラマンダリンのファンの方がこんなにもたくさんいることに感動いたしました(´ ; ω ;`)♥

 

そして先着100名様には今治タオルで作ったみかんの形をしたかわいいハンドタオルを配らせていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらも大変好評で、本物そっくりの見た目に驚かれる方がたくさんいらっしゃいました(´∪`)

 

今回紹介した食べ物以外にも松山にはたくさん美味しいものがありますので、またブログなどで紹介させていただきます。

最後まで読んでいただいてありがとうございました♥

 

末廣愛梨

6月9th、2016

 

 

 

学校法人東京理科大学と松山市が協定締結

こんにちは!橋田一葉です☆

 

62日学校法人東京理科大学と松山市が協定締結】

今年、2016年は漱石没後100年、小説「坊っちゃん」発表110周年

来年、2017年は漱石生誕150周年を迎える記念の年に、

夏目漱石の小説「坊っちゃん」の舞台である松山市と、主人公が卒業した東京理科大学〈当時は東京物理学校〉が、お互いの魅力を発信する事をめざし、文化交流・科学啓発に関する協定を結びました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

協定調印式には、

数学者として有名な「秋山仁先生」も坊っちゃんの格好で登場されましたよ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当日は司会を担当させていただきました‼︎

 

 

 

 

 

 

夕方のニュースでも流れていました。

東京理科大学は創立135周年を迎え、数学教員採用数全国でもトップクラスだそうです。松山市は、県外の大学と協定を結ぶのは初めてで、

一世紀以上の時を越え「坊っちゃん」が結んだ縁となりました

 

 

 

【7月9,10日護衛艦あぶくま松山港入港のご案内】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

松山港で「護衛艦あぶくま」が入港予定です!!

全長109mの巨大な迫力ある護衛艦が一般公開されます(*^◯^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7月9日は1日艦長をさせていただきます☆

体感航海ができる絶好のチャンスなので是非お越しくださいね!(要申し込み)

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

ご家族・親子連れ・ご友人の方々等で見に来てくださいね‼︎‼︎

皆様のお越しをお待ちしております♪♪( ´ ▽ ` )ノ

手ブレ写真でごめんなさい(笑)

最近暑い日が続くので、熱中症や体調管理などお気をつけ下さい。

 

 

橋田一葉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明治村に参上✧(`ῧ´)

みなさんこんにちは!沖田真優紀です・◡・

 

先週末、5月22日は愛知県の明治村にて、松山のPRを行なってきました!

明治村は

本物の価値を残す、伝える

をテーマに、明治時代の建造物や歴史的資料を保存しているマチで、

マチ全体に今では珍しい近代建築が立ち並んでおりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

館長の中川さんにもご挨拶。

早稲田大学名誉教授でもある中川さんはアジア・日本の建築にとても詳しく、

明治村内の建築物についても沢山お話を聞かせてくださいました!

 

 

さて、松山ブースでは

松山農林水産物ブランドのカラマンダリン

果汁100%のみかんジュース

道後温泉と資生堂がコラボした美艶油

を販売し、

多くの方にご好評いただき、

なんと!完売いたしました(*^^*)

ありがとうございます!

 

カラマンダリンに関しては、

「食べて感動した!」

「おいしかった!」

 

と、再度購入に来てくださる方もおりまして、

改めて松山農林水産物ブランドを誇りに思った沖田でありました!

 

 

 

 

 

 

 

昼頃には広場へいき、ご来場の皆様と一緒に野球拳をおこないました!

 

 

 

 

 

 

 

 

勝ち残った方にはプレゼントを・・・(*^^*)

 

 

 

またこの日は明治村内にある「呉服屋」にて

芸能人の作品を天才凡人で評価するテレビ番組『プレバト!』

でおなじみの夏井いつき先生のトークショー&俳句大会がありまして、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

服屋の前で松山観光のPRをさせていただいたり、

 

 

 

 

 

 

 

 

前座(かなりあたふたしておりましたが(笑))をやらせていただいたりました^^

 

 

今回の明治村イベントでも沢山の出会いがありました。

 

本当にありがとうございました!

 

本州の方にもっともっと松山を知ってもらえるよう、これからも県外にむけたPR、頑張っていきたいと思います!

 

 

8月末には明治村にておこなわれる

 

 

 

 

 

 

 

 

宵の明治村

というイベントにも参加させていただきます!

みなさまとまたお会いできるのを心から楽しみにしております(*^^*)

 

ありがとうございました。

2016年5月29日(日)

よこすかカレーフェスティバル2016 ◉◇◉

みなさんこんにちは、沖田真優紀です。

 

わたくし、5月14.15日と二日間に渡って開催された

よこすかカレーフェスティバル2016

に参加してきました!

タイトルの  ◉◇◉ ←これは、よこすか海軍カレーのマスコットキャラクター スカレーを表現しています!

とっても似ています!

 

横須賀市と松山市は、司馬遼太郎の小説『坂の上の雲』を縁に「観光交流都市協定」を結んでおり、14日のステージイベントでは協定を2019年3月末まで延長することが報告されました!

 

両市は2009年、小説がNHKでスペシャルドラマ化されたことを機に最初の協定を締結し、それからはイベントなどで協力して観光PRに取り組んでいるんです(*^^*)

また今年4月に結び直した協定に伴い、観光分野の人事交流もスタートしたそうです^^

(吉田市長の左側にいらっしゃるのが松山市から横須賀市に行っている浦田さん

野志市長の右側にいらっしゃるのが横須賀市から松山市にきている志津野さんです)

 

 

他市との交流を持つことは、今まで見落としていた自分の住むまちの魅力を発見するきっかけにもなりますので、

これからもどんどん交流を深めていってほしいなと思います♪

 

 

さて、カレーの話に戻りますが、松山市からは「忽那水軍カレー」を出店させていただきました!

忽那水軍カレーとは、

中島のみかんの果汁を使って炊き上げたみかんご飯
メロンと同じ糖度をもつと言われる、とっても甘い中島の玉ねぎブランド伊予牛
じっくり煮込んだルーをかけた

とってもフルーティーなカレーです(*^^*)

 

私ははじめ「み…みかんライス??お米を果汁で炊くなんて……」と思っていたのですが、

 

これがびっくり。

 

不自然さは一切なく、旨みが詰まったルーと相性抜群でした*

 

そんな素敵なカレーを、私も市の方々と一緒に会場ブースにて販売してきました!

やはり珍しいからか、

両日ともにすぐに完売してしまいました…..!(嬉しい!)

 

また、カレーと一緒に、松山の農林水産物ブランドである

カラマンダリンと瀬戸内銀鱗にぼしも

PR&販売しておりました!

これらも全て完売!

 

松山の美味しいものが多くの県外の方のお口へ届いたんだと考えると、なんだかとってもとっても嬉しいです!

もっともっと多くの方に知ってもらえるように頑張っていきたいと強く思った二日間でありました!

 

 

ご来場くださった皆様、本当にありがとうございました!

 

今週末からは、愛知県の明治村にて開催されるイベントに参加します!

皆様のご来場を心よりお待ちしております!

 

2016年5月19日(木)

 

60年に一度‼︎ご利益3倍⁉︎お遍路体験

みなさま、こんにちは‼︎ 橋田一葉です。新緑の色増す季節、いかがおすごしですか?

先日、四国霊場第51番札所【石手寺】の山頂にそびえ立つ “やる気大使” を目指し、愛媛の留学生と共に、お遍路体験をしてきました。そのことについてお話します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑こので囲ってあるのが、石手寺から見える“やる気大使”です!初めて見られた方もいらっしゃると思いますが、松山市に住んでいる方は、一度は「あれ、何だろう?」と感じたことがあるのではないでしょうか。

近くで見てみたい!!という気持ちから旅をスタートさせました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・タオル、動きやすい服装

・水分補給できるもの

・必ず運動靴!!必須です。

 

ますは石手寺入り口からお清めをして入ります。

そもそも、なぜ2016年に登ってみようと思ったのか・・・それは

“60年に一度の弘法大師さまに会える年”だからです。

衛門三郎伝説をご存知ですか?

“約1200年ほど前、伊予の国に衛門三郎という慈悲のない、非道な豪族がいた。ある日、みすぼらしい格好をまとった僧が訪れ、「泊めてください。」とお願いをした。しかし三郎はしつこい僧に腹を立て、僧の鉄鉢を8つに割ってしまった。その翌日からというもの、三郎の8人の子どもは次々に亡くなった。子を失った悲しみに暮れたあげく、とりつかれたかの様にその僧を追って旅に出た。これが四国遍路の始まりです。何度巡っても僧には会えなかったが、その道中に多くの人と出会い、他人の苦しみや痛みがわかるようになった。そして21回目に逆回りをし息も絶える末にようやく、その僧に会うことができた。

みすぼらしい格好の僧は実は“弘法大師”だったのだ。「よく改心なされた。」と言い、三郎は息を引き取った。

 

この衛門三郎伝説で、三郎が弘法大師に会えたのも「申年の閏年」でした。

また、88番札所から1番へと逆に巡る「逆打ち」でご利益が3倍になるとの言い伝えがあり、この年の巡礼者は通年の数倍に上るともいわれます!

 

 

 

 

 

 

 

 

みんなで結束し一致団結してスタートします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遍路では各札所で「納札」おさめふだ)を納め、「納経帳」のうきょうちょう)に印をもらい四国を巡ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

納札」は紙札に氏名を書き、各札所の本堂と大師堂におさめるというもので、これは自分が参拝した証を残すためのもので、これを多く残すことが功徳だとも考えられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

道に迷わないように、国道や市街の道中にはお遍路マークが印してあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

石手寺でお線香をたきます。なぜ3本なのか?

過去” “現在” “未来” の三世を表すとともに、三尊の仏に供養するという意味があるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のコースは約5km

各所に登山口があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひたすら目指し、歩きます!!

 

 

 

 

 

 

 

道中は木々に囲まれ森閑とし、とても空気が澄んでいました。留学生のメンバーも初参加で楽しそう!!

 

 

 

 

 

 

 

だいぶ息を切らし登ると、二人の間に見えるのは“やる気大使”!!

同じ高さまで来れたので、「ここが山頂だ!!」と喜んで写真を撮っていると・・・

「いやいや、山頂はまだまだだよ。いま登った道より3倍は大変で覚悟が要る‼︎ここからは険しいから、やめるなら今だよ。」と・・・

 

・・えっ!まだ登るの⁉︎と一同驚愕したけれど、ここまで登ったならば、

絶対山頂へ辿り着きたい‼︎と思ったのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

道がどんどん狭くなっていきます。

息が持たず、休憩をしながら進むも、途中で滑り、携帯を落とし・・約30分歩きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに、険しさが増し、さらに急な崖や岩にも遭遇!!

こんな道がずっと続きます・・

みんな疲労困憊になりあきらめそうになった、その時‥‼︎‼︎ 目に飛び込んだのは・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全長16mにもなる偉大な大使42歳のお姿

重量は110トン、筆の長さm、顔の長さ2.4m

立派な光景に圧倒され、ただただ、お姿を見上げていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真を撮っても足元しか写りませんせんでしたが・・

山頂からの眺めは、抜けるような青空と薫風の心地よさに包まれ、達成感と共に松山市内が一望できる最高のものとなりました。

道中色んな事がありましたが、初夏の風の清々しさ、特別な安堵感、エネルギーに満たされ「ここに来れて嬉しい」と心から気持ちが溢れてきました。

 

 

 

 

 

 

 

よくお遍路では、「同行二人」と言われますが、お大師さまと二人ずれという意味で、

一人で歩いていても常に弘法大師がそばにいてくれ

その守りを受けているとされています。

また、使用する杖には弘法大師が宿ると言われています。

2014年に四国霊場八十八ヶ所後開創1200年を迎え、

2016年は60年に一度の弘法大師に会える閏年の丙申(ひのえさる)

一生に一度のこの年。いろんな想いを抱き、巡らせながらお遍路をしてみるのはいかがでしょうか。必ずそばには、弘法大師のご加護があり、心の支えとなって、あなたにご利益・功徳をもたらしてくれるのではないかと感じます。

 

橋田一葉

「発信」の役割を担う

はじめての個人投稿で、少し緊張しています。

2016年度松山マドンナ大使の沖田真優紀です。

 

私は県外出身で大学入学をきっかけに松山に、そして今年で3年目になります。

松山市は

いい、加減。まつやま

がまちPRの合言葉であるように、色々な良さが程よく混ざり合う街です。

風景は美しく、気候も温和。

田舎の穏やかさと都会の便利さがほどよく混ざり合った松山の街は「コンパクトシティ」と呼ばれ、とても暮らしやすいです。

ショッピング街、お食事街、公共施設などあらゆる施設が徒歩圏内にあり、松山にきて最初の1年は、こんなに不自由なくそしてのびのびとできる生活が存在するのかと、日々何かしらに感動を覚えていました。

 

また、街のなかには至る所に「ことば」が散りばめられています。たとえば路面電車には俳句がデザインされていますし、スクランブル交差点の電光掲示板には常に俳句が流れています。道後に行けば、あらゆる場所に偉人のことばが記された石碑があります。

それらは、松山の歴史や文化を私たち住民の日常に溶け込ませ、利便性の面だけでなく、心の面でも住民の生活を豊かにしてくれているのです。

 

私が松山マドンナ大使に応募したのは、上記をはじめとする松山の魅力は県外出身の自分だからこそ強く感じることであり、その魅力を私の「ことば」で県外へ、さらには国外へと発信することで、身心共に豊かな生活を送らせてくれている松山への恩返しになるのではないか、と考えたからです。

 

これから約1年間、国内外さまざまなところで松山の魅力を発信するために活動し、それを通して多くの方々と出会う機会があると思いますが、出会いの1つ1つを大切にし、県外出身者だからこそわかる松山の魅力をしっかりと自分のことばで伝えていきたいです。

 

4月1日から活動がスタートし、先月16日は東京ヤクルトスワローズの公式戦で坊っちゃん球場へ、

今月は5月2〜4日に東京銀座三越にて、カラマンダリンのPRを行ってきました!(こちらは写真がなくてごめんなさい)

これからは活動ごとにブログを更新していこうと思っております!

 

皆様、一年間どうぞよろしくお願いします。

2016.05.08

 

 

 

*まつやま農林水産物ブランド「カラマンダリン」*

先日発生した熊本地震で、多くの方がつらい状況に直面されました。

この度地震により被災された皆様、心よりお見舞い申し上げます。

そして犠牲になられた方々のご冥福を心よりお祈りします。

 

 

皆様、こんにちは‼︎ 橋田一葉《ひとは》です\(*^▽^*)/

4月23、24日は伊勢丹新宿店にて

まつやま農林水産物ブランド カラマンダリンのPRを行って参りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カラマンダリンの特徴

*温州みかん&キングマンダリンの交配種

*生産量は全国で松山市が一番

糖度が13度以上、酸が1.1以下

冬を越し春になると糖度が上がる“春のみかん”

甘み、酸味が絶妙なみずみずしい味わい

また、疲労回復のクエン酸・食物繊維が豊富でペクチンの作用で整腸効果もあると言われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特にマスコットキャラクター“みきゃん”の箱入りは女性から大絶賛‼︎‼︎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《 お客様の声・感想 》

◼︎すごく甘い、とっても美味しい

◼︎子どもが喜ぶ、お弁当にも最適だね

◼︎海外のオレンジのような味わいと風味

◼︎果汁が濃厚・酸味もちょうどいい

◼︎春にみかんが食べれるなんてめずらしい・・など

 

《 購入のきっかけ 》

◎ 贈答品として喜ばれそうだから(約1割)

◎ 昨年買った、もしくは過去に食べた事がある(約1割)

◎ 今日薦められ試食してみて購入してみたいと思った(約8割)

 

《 お客様から頂いたよくある質問 》

どのくらい日持ちするの?

回答:冷蔵庫で保管すれば約10日〜2週間程度

皮は手で剥けるの?

回答:皮が柔らかいので、手で簡単に剥くことが出来る

何のかけ合わせのみかん?

回答:温州みかんとヨーロッパ産のキングマンダリン

どういう特徴のが美味しいの?

回答:へたが黄色くなっている・お尻の部分を押して柔らかいものなど・・)


そして4月25日は東京中央卸売市場の大田市場にて

野志市長によるカラマンダリンのトップセールスが行われました!!

 

 

 

 

 

 

市長は必ず生産者の《く》“苦労” “工夫”を聞いて

この市場でトップセールスを行います。

この日も大盛況で、仲買人の方も「うまいね!」ええ味やね!」

笑顔でおっしゃっていました‼︎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

終始、大田市場は活気に溢れていて、

野志市長の熱い思いが市場全体に伝わるトップセールスとなりました‼︎

今後は5月7日から日本橋三越店でもカラマンダリンのPRを行う予定です

生産者の方が雨の日も風の日も、冬の寒さの中、大切に育ててこられたカラマンダリンです。

たくさんの方に生産者の想い愛情が詰まった

まつやま農林水産物ブランド カラマンダリンをご賞味いただければ幸いです(*^^*)

 

橋田一葉