財団法人 松山観光コンベンション協会 ~笑顔あふれるパワースポット松山へようこそ!~

おすすめ!
  • HOME
  • 今月のおすすめ! 5月

今月のおすすめ! 5月

◆祭り&イベント

時空を超えて道後を遊ぶ。「街歩き旅ノ介 道後温泉の巻」山口晃 道後アート2016

▲画像をクリックするとPDFが開きます

Photo:Yohei Sogabe
Photo:Yohei Sogabe

 


2014年に道後温泉本館の改築120周年の大還暦を記念して、アートフェスティバルが開催され、それ以降多くの観光客や市民の皆さんに道後にお越しいただきました。
3年目となる2016年は、メインアーティストに画家の山口晃さんをお迎えし、『「街歩き旅ノ介 道後温泉の巻」山口晃 道後アート2016』と題したアートイベントを開催いたします!
本年は文豪・夏目漱石の没後100年、小説『坊っちゃん』発表110年。 よそからやって来た夏目漱石が、松山を舞台にアイロニーとユーモアを込めて小説「坊っちゃん」を書いたように、山口さんも“よそもの”視点で道後を描きます。
今年も温泉とアートにのぼせてみてはいかがでしょうか。

 

『「街歩き旅ノ介 道後温泉の巻」山口晃 道後アート2016』

【メインアーティスト】

山口晃

【会期】

2016年4月29日(金・祝)~2017年2月28日(火)

※作品は、2017年8月末まで公開予定

第一弾オープン 2016年4月29日
第二弾オープン 2016年7月予定
第三弾オープン 2016年9月予定

※会期中に展開作品が徐々に増えていく予定です

【会場】

道後温泉およびその周辺エリア

【スケジュール】

第一弾オープン作品概要

道後温泉本館におけるインスタレーション
道後エトランゼマップ
道後温泉本館、各旅館・ホテルロビーギャラリー(10カ所程度)
駅前商店街入口作品
物販

※順次展開していく予定です

 

◆祭り&イベント

北条の春の恒例の祭典「北条鹿島まつり」

北条鹿島まつり

北条鹿島まつり

北条鹿島まつりの一番の見どころは、なんといっても愛媛県指定無形民俗文化財の指定を受けている伝統「櫂練(かいねり)踊り」。海の男たちによる海上絵巻が鹿島周辺で繰り広げられます!
また、鹿島海上の伊予二見では年に一度の「大注連縄(おおしめなわ)の張替え」も開催されます。
そのほかお供船による見物、子どもだんじり、ベリーダンス、餅撒きなど、さまざまなイベントが盛りだくさんです!

 

【日程】

5月3日(火)、5月4日(水)

 

▼詳しくは松山市HPへ

 

◆歴史&文化

松山の伝統芸能「能楽」が作り出す幽玄の世界へ...「二之丸薪能」

二之丸薪能

二之丸薪能

松山の貴重な伝統芸能として継承されている能楽が松山城二之丸史跡庭園にて開催されます。能面や美しい装束、地謡のコーラスが描く、古典的で幻想的な世界をお楽しみください。


【開催日時】

5月11日(水)
開場 17:00
開演 18:00

【開催会場】

松山城二之丸史跡庭園内 特設能舞台
※雨天の場合は、松山市民会館中ホールに変更し、開演を18:30に繰り下げます。

【入場料】

一般:1,400円
文化協会会員:1,000円
学生:700円

【お問い合わせ】

松山市文化協会事務局(松山市総合コミュニティセンター総合管理事務所内)

089-909-8008

 

◆祭り&イベント

優雅なひととき...色とりどりのバラが咲き誇る「第62回 萬翠荘バラ展」

第62回 萬翠荘バラ展

▲画像をクリックするとPDFが開きます

第62回 萬翠荘バラ展

昭和31年から開催されているバラ展が今年も開催されます。
今年のテーマは「情熱の赤い薔薇」。
鮮やかで濁りのない赤、ビロードのような赤、「黒バラ」と呼ばれるダークな赤など様々な色合いの赤バラが勢ぞろいします。
甘いバラの香りに包まれて、歴史のある萬翠荘で優雅なひと時を過ごしてみませんか。


【開催日時】

5月10日(火)~5月15日(日)
10:00~17:00 (最終日は16:00まで)

【入場料】

大人:200円
小中学生・美術館友の会:100円
障害者手帳:無料(同伴者1名:100円)

【お問い合わせ】

萬翠荘 089-921-3711

萬翠荘ホームページ

 

◆歴史&文化

坂の上の雲ミュージアム 第10回企画展 テーマ展示
近代国家制度の形成3 「子規と帝国大学」

坂の上の雲ミュージアム 新企画展「子規・真之と小学校」

▲画像をクリックするとPDFが開きます

明治19年に「学校令」が公布されると、小学校・中学校・大学を一連のものとする教育制度が確立。複数の高等教育機関を吸収した帝国大学が誕生しました。
明治23年に第一高等中学校(東京大学予備門の後身)を卒業した正岡子規や夏目漱石たちは、帝国大学に進学しました。立身出世の夢を抱き上京した子規でしたが、俳句、小説や紀行、評論など文学活動に没頭していきます。

今回の展示では、帝国大学時代の子規や友人たちの活動に注目しながら、明治の大学教育、学歴エリートたちの実像に迫ります。

【開催期間】

2016年2月23日(火)~2017年2月19日(日)

※休館日:毎週月曜日(休日の場合は開館)

【開催会場】

坂の上の雲ミュージアム
(松山市一番町三丁目20)

【観覧料】

一般:400円
高校生:200円
高齢者(65歳以上):200円
※中学生以下は無料
※団体割引あり

▼詳しくは公式サイトをご覧ください。
坂の上の雲ミュージアム