道後温泉別館休憩室で出すお茶菓子の納入事業者を公募

 

道後温泉別館各休憩室の利用者に対し提供するお茶菓子の納入業務を行う事業者を募集します。

 

業務の内容

(1)土曜・日曜・祝日を問わず毎日2回、道後温泉別館へ連絡した個数のお茶菓子を納品。
(2)納品するお茶菓子に関する品質管理
※詳細については募集要項、仕様書等でご確認ください。

 

履行期間

平成29年9月1日から平成33年3月31日まで(43カ月)

 

募集要項の配布

(1)配布期間:平成28年11月11日(金曜日)から平成29年1月20日(金曜日)まで
(2)配布時間:午前9時から午後5時まで(土曜・日曜・祝日を除く。)
(3)配布場所:松山市産業経済部道後温泉事務所(道後温泉本館内)
※松山市のホームページからも平成28年11月11日よりダウンロードできます。

 

説明会

(1)日   時:平成28年11月24日(木曜日)午後2時から午後3時まで(予定)
(2)場   所:松山市子規記念博物館 1階視聴覚室
(3)内   容:募集要項、仕様書等の説明(募集要項等をご持参ください。)
(4)申込方法:平成28年11月21日(月曜日)午後5時までに「説明会参加申込書」を
電子メール又はFAXにより送付してください。
(5)申込先:松山市産業経済部道後温泉事務所(道後温泉本館内)
【E-mail】dogojimu@city.matsuyama.ehime.jp
【FAX】089-934-3415

 

募集に対する質問

募集要項その他の配布資料について質問がある場合は、「質問書」を電子メール又はFAXにより送付してください。
受け付けた質問への回答は、随時ホームページで掲載するとともに、電子メール又はFAXにより回答いたします。
電話等を含め、口頭による質問の受付や回答はいたしませんのでご注意ください。

●受付期間:平成28年11月11日(金曜日)から平成29年5月17日(水曜日)まで
●質問方法:所定の様式で、電子メール又はFAXにより送付してください。
備考:電子メールについては、タイトルを【質問】お茶菓子に統一してください。
●送付先:松山市産業経済部道後温泉事務所
【E-mail】dogojimu@city.matsuyama.ehime.jp
【FAX】089-934-3415

 

提案書の提出

(1)提出期限:平成29年1月31日(火曜日) 午後5時必着
(2)提出書類:募集要項に記載されている提出書類を申込先までご持参ください。
※申込期間後は、提出書類の変更及び追加は原則としてできません。
※混雑時は書類確認のため、お待ちいただくことがあります。
(3)申込先:松山市道後湯之町5番6号
松山市産業経済部道後温泉事務所(道後温泉本館内)

 

面河アウトドアフェス 2016.10.30(SUN)

【面河アウトドアフェス】2016.10.30(SUN)

南極大陸をも含む全大陸40か国以上で上映され、世界中で約39万人のアウトドア・ファンが参加する

世界最高峰のアウトドア映画祭であるBANFF!!

世界が注目するアウトドアフィールドを鋭く切り取ったドキュメンタリー映像が愛媛で上映!!

愛媛県では初の一般上映になります。

*上映時間*

午前の部:10時30分スタート

午後の部:13時30分スタート

 

会場では、ロープ木登り体験などもでき、フードブースでは美味しいものをゲット!!

アウトドアに興味がある方は是非お越しください!!


面河渓フェスティバルも同時開催します。

こちらでは、面河古道トレッキング、癒しの森ハイキング、ノルディックウォークなどが体験できますが、

事前のご予約が必要です。

 

面河アウトドアフェス

面河アウトドアフェス裏面

愛媛キャニオニングツアー・グッドリバー

もうすぐ夏の到来です!!

夏の遊びと言えば、やっぱり川遊び!!

グッドリバー株式会社 では、滑床渓谷(松野町)、面河渓(久万高原町)、薬師谷渓谷(宇和島市)の3つのエリアで、キャニオニングツアーを実施しています。

キャニオニングとは???

フランス発祥の新感覚のアウトドアスポーツで、滝を滑ったり、滝つぼに飛び込んだりしながら、渓谷の自然を身体一つで楽しみます。

グッドリバー・キャニオニング

 

滝をみんなで滑っても楽しい!!

 

面河渓キャニオニング

滝壺に飛び込んでも楽しい!!

キャニオニングの滝つぼ飛び込み

面河渓の透明度抜群の水の中で浮かんでみて、癒されてください!!

面河渓キャニオニング

日本の滝100選「雪輪の滝」を代表とする滑床渓谷では、1日コース半日コース

西日本屈指の渓谷である「面河渓」では、半日コース

高速ICを降りて車で4分という立地にありながら、幻想的な光景が広がる薬師谷渓谷では、1日コース

この4つのコースをご用意しております。

この夏は、是非キャニオニングで思いっきり渓谷を楽しんでください!!

グッドリバー株式会社HP:http://goodriver.jp/

フェイスブックで、随時情報を発信しています!!

松山のええもん&うまいもん(酒・飲料類)

 

愛媛・松山ならではの、丁寧に造られたお酒や飲み物はいかがですか?

 

●愛媛の地酒(愛媛県酒造協同組合)


四国山地の清らかな伏流水は、まろやかで奥行きのある酒を育み、一方で冬の里山は寒風が吹きおろす、酒造りに適した条件になります。愛媛を旅し、その味を楽しんでみませんか。

http://www.ehime-syuzou.com

 

●道後ビール ケルシュ・アルト・スタウト・ヴァイツェン(水口酒造(株))

「道後温泉本館」と共に歩み続けている、愛媛・松山・道後地区唯一の造り酒屋。

~仁愛なる喜び多き津~の意を込めた銘酒「仁喜多津」、「道後ビール」、「道後焼酎」、「道後サイダー」、「梅酒ソーダ」、「ビールカレー」を製造販売。全国新酒鑑評会 最高位「金賞」 通算7度受賞蔵。

http://www.dogobeer.co.jp/

 

●おらが自慢の伊方みかんジュース((株)クリエイト伊方)

燦々と降り注ぐ南の太陽と、伊予灘・宇和海のさわやかな潮風が、じっくりと育てあげた“伊方みかん”をそのまま搾ったストレート果汁100%ジュースや、柑橘の果汁を使ったゼリーやマーマレードを販売。伊方町内の道の駅他、道後温泉や松山空港などのお土産売り場でも取り扱っています。

http://ec.shokokai.or.jp/cpsite/38/3844220004/index.htm

 

●酒仙栄光 純米吟醸 松山三井(栄光酒造(株))

創業明治30年。地域の風土にあった酒造りにこだわり続ける伝統の蔵元。

全国新酒鑑評会で最高位の金賞を平成元年受賞以来、幾度となくその栄誉に輝いています。

最近では、“果実王国”の愛媛県産の果実をたっぷり使ったリキュール(梅、キウイ、ぶどう、ライム等)にも力を入れ、杜氏が仕上げた洗練された味が人気を集めています。

http://www.eikoo.com

 

●ミニッツメイド はちみつゆず(四国コカ・コーラボトリング(株)愛媛支店)

「四国オリジナル製品」として地産地消にこだわり、愛媛県西条市の小松工場にて製造しております。四国の名所(栗林公園・道後温泉・桂浜・鳴門の渦潮)を紹介した4種のパッケージをご用意しております。四国産ゆずのほんのり甘酸っぱい味わいをぜひお楽しみ下さい。

https://www.shikoku.ccbc.co.jp/

 

●久米の井 純米大吟醸原酒(後藤酒造(株))

松山城築城年1602年創業。四百余年の伝統の技と杜氏と蔵人達が精魂込めて造りました最高の逸品です。兵庫県産山田錦特等米を40%になるまで精米し、愛媛酵母EK-1を使って低温醗酵させました。

芸術と賞されるにふさわしい優雅でフレッシュな弾け飛ぶような香りとお米の旨みが調和するお酒です。

http://www.gotoshuzo.jp

 

詳しくは、松山観光コンベンション協会 「ええもん&うまいもん」(コチラから)をご覧ください!

ぜひ、ご賞味ください!!

 

松山のええもん&うまいもん(食品)

 

愛媛・松山のお土産として、またご家庭用にも!個性豊かな…うまいもん!

 

●万能白だしK500ml(マルトモ(株))

かつお節、宗田がつお節、昆布、鳥のエキスを使った白だしです。

琥珀色の本醸造白醤油を使い、淡色で料理がきれいに仕上がります。

http://www.marutomo.co.jp/

 

●じゃこ天(和紙)5枚入り((株)おがた蒲鉾)

愛媛県の南予地方の独特の練り製品で全国的知名度が高まるじゃこ天の原料は、宇和島で獲れる小魚(ほたるじゃこヒメジ、たちうお)です。その魚を職人さんの手によって頭と内臓を取り除き、きれいに水洗いされた後、骨皮ごと挽肉にして揚げかまぼこにしました。

小魚の旨みがそのまま残りカルシウムが含まれたまさに昔ながらの揚げ蒲鉾です。

http://ogata-kamaboko.co.jp/

 

●宇和島じゃこ天((有)安岡蒲鉾)

愛媛県より「愛」あるブランドの認定を受けた昔ながらのじゃこ天です。

愛媛県産の「ほたるじゃこ」を主原料とし、一匹一匹手作業で魚をさばき、昔ながらに石うすでスリミを練り上げ、菜種油で揚げてつくる伝統の逸品です。

http://www.rpm.or.jp/yasuoka/

 

●みかんはちみつ((株)小池養蜂園)

みかんの花からとった、フルーティーでくせのないはちみつです。

http://koikeyouhou.com//

 

●杉樽仕込醤油(忽那醸造(株))

国内産の有機大豆と有機小麦を使い、じっくりと手間と時間をおしまず、当社創業当時からの杉樽で四季の温度にて長期熟成させたお醤油です。

余分な添加物を使用しないため、醤油本来のお味が楽しめます。

http://www.kutsuna.co.jp/

 

●松山あげ((株)程野商店)

130年以上の伝統を誇るふるさと松山の味。みそ汁はもちろん、ちらし寿司や鍋料理など、どんな料理にもコクと風味をもたらす魔法の食材、水分を含むともちもち、ふわっふわのやさしい口当りに変化します。常温で90日保存可能、湯通しが不要なのも特徴です。

お取り寄せができ、全国にもファンが多いです。

http://www.matsuyamaage.co.jp

 

●緋のかぶら漬((有)漬新)

伊予節にも唄われている、緋のかぶら漬。

橙酢で漬込むと、目のさめるような自然の緋色に染まります。

パリパリとした歯切れの良さと、甘酢っぱい香りは食慾をそそります。

愛媛の俳人、正岡子規の句、「緋の蕪や膳のまわりも春景色」。

http://www.henromichi.jp

 

●伯方の塩(伯方塩業(株))

伯方塩業では、創業40年を越え、さらに「よりよい塩」を探求。愛媛といえば、『伯方の塩』と連想していただけるようになりました。輸入天日塩田塩と日本の海水を原料として、ほどよいにがりを残した『伯方の塩』。瀬戸内の海水からつくった工場限定販売の『されど塩』など、料理のあらゆる場面で活躍する食用塩を製造しています。

http://www.hakatanoshio.co.jp

 

●ちりめん山椒((株)昆布森)

わたしたち昆布森は創業以来40年、わかめ・芽かぶ・こんぶ・ひじき・ちりめん等の「海の恵み」を扱い、生業としてまいりました。

その「海の恵み」が「山の豊かさのおかげ」であることに感謝しながら自然の産物をお届けするという信念のもと、妥協のない商品作りをいたします。

http://www.konbumori.co.jp

 

詳しくは、松山観光コンベンション協会 「ええもん&うまいもん」(コチラから)をご覧ください!

ぜひご賞味ください!!

 

松山のええもん&うまいもん(お菓子)

 

松山のお土産に、美味しいお菓子はいかがですか?

 

●霧の森大福(霧の森菓子工房松山店)


抹茶を贅沢に使った大福で、やわらかい餅に練り込んだ抹茶のほろ苦さと、中に包まれたこしあん、生クリームのほどよい甘さとの絶妙なハーモニーを楽しめます!

店頭でもすぐに完売してしまう日があるほか、お取り寄せは数ヶ月待ちとなる大人気商品!松山に来たら要チェックです。(ご来店前に在庫をご確認ください。)

http://kirinomori.com/

 

●ベビーポエム((株)母恵夢)

白あんに新鮮な卵の黄身を加えた黄味餡を、北海道産のバターを使ったまろやかな生地で包んで焼き上げます。

和菓子の上品な味わいと、洋菓子素材の芳醇な風味を独自の製法で調和させた和菓子です!ほんのりバニラの香りとともにお楽しみください。

http://www.poeme.co.jp

 

●松山銘菓薄墨羊羹こざくら((株)中野本舗)

江戸時代から続く松山銘菓薄墨羊羹は地元にある名桜「薄墨桜」にちなんだ羊羹で、大正8年の菓子博覧会で最高賞の名誉大賞牌など数々の賞を受賞している松山を代表する和菓子です。和菓子をよりカジュアルにおしゃれに食べていただきたいという思いから生まれた餡ファンシリーズも各種販売中です。

http://www.usuzumi.co.jp

 

●坊っちゃんだんご(亀井製菓(株))

夏目漱石の小説「坊っちゃん」に登場する住田(現在の道後)のだんごに由来した松山を代表する銘菓です。抹茶餡、黄身(卵)餡、小豆餡の三色の餡でそれぞれ餅を包み串に刺した愛らしいお団子は甘さ控えめでまったりとした優しい味わいで、お土産としても絶大な人気を誇る逸品です。

http://www.kameiseika.jp

 

●坊っちゃん団子((株)うつぼ屋)

夏目漱石の小説「坊っちゃん」にちなんでつくられた、抹茶・黄・小豆3色のあんの中にお餅の入った四国道後銘菓!

http://www.utuboya.co.jp

 

●六時屋タルト((株)六時屋)

北海道産の厳選された極上小豆を使用した自社製あんをカステラで1本1本巻き上げる手づくりにより、独特の風味に仕上げました。

http://www.rokujiya.co.jp

 

●一六タルト2本入((株)一六本舗)

タルトといえば、明治16年創業の「一六タルト」。タルトは江戸時代、長崎探題職を兼務していた松山藩主・松平定行公が、長崎でポルトガルから伝わった南蛮菓子タルトを食し、その味を賞でて製法を松山に持ち帰ったとされています。

四国特産の柚子と白双糖を加えたこし餡をやわらかなスポンジでまいたお菓子で、人気の柚子と抹茶の2本入りです。

http://www.itm-gr.co.jp/ichiroku/

 

●道後温泉まんじゅう(しらさぎ舎(や))

道後温泉から東へ、51番札所石手寺さんの正面にあります。

店内工房で作る「道後温泉まんじゅう」はしっとり黒糖香る粒あんのおまんじゅうで、しらさぎの焼印入りどら焼き「刻太鼓」も人気です。

店内には縁台、店頭には足湯を設けており、石手寺さんの緑を眺めながら心地よい一時をお過ごしください。

電話番号: 089-914-0388

 

詳しくは、松山観光コンベンション協会 「ええもん&うまいもん」(コチラから)をご覧ください!

ぜひご賞味ください!!

 

田中蒲鉾本店 Facebook 開始いたしました。

田中蒲鉾本店先週末よりFacebookを開始致しました。皆様に是非「いいね!」のご協力をお願い致します。
また今月は2周年記念のクーポンも配布しております。会員登録をして、是非クーポンをご利用下さい。お待ちしております。 店主

 

ナトラとパープルWiFi

ナレッジ・トラベル・パートナーズ(日本)はパープルWiFiと販契約を締結

例えばパープルWiFiをレジャー施設に設置すると、
顧客層を把握でき、その場で「いいね」や「フォロー」数が得られ、クーポン等の配布に役立ち、お客様とのコミュニケーションの場を増やすことができます。

パープルWiFiとは、
業務用の訪問者データを捕捉するソーシャル・メディア・プラットフォームと連携した、WiFi管理ソフトのプロバイダです。2012年に設立されました。

互換性のあるWiFiルータにパープル社からソフトをダウンロードするだけで、無料のWiFiを提供している企業(小売・飲食・レジャーなど)のSNS上(フェースブック、ツイッターなど)の評判を高めることができます。

マーケティングの高額な予算を使わず、企業の顧客層を把握でき、その場で「いいね」や「フォロー」数が得られ、クーポン等の配布に役立ち、企業とお客様とのコミュニケーションの場を増やすことができます。

 

パープルWiFiのSNSによるログイン

パープルWiFiのSNSによるログイン

万全なセキュリティ対策で悪質な利用者行為を防ぎながら、お客様(無料WiFi利用者)に関する有効なデータを獲得します。

簡単なセットアップで手間をかけず、法令厳守の上で、無料WiFiを提供できるため、パープルWiFiはここ一年で驚異的な速度で人気が高まっています。

本契約で、ナレッジ・トラベル・パートナーズは、お客様用WiFiとロケーション•分析ソリューションを業務科目に追加します。

日本の松山市に拠点を置き、オーストラリアのシドニーに事務所もあるナレッジ・トラベル・パートナーズは、幅広い顧客基盤と全国のパートナーネットワークを持っています。パープルWiFiは、すべての法的要件を満たしているお客様用WiFiを企業に提供します。それにより企業は、知りたいデータ(お客様の年齢や性別、訪問する頻度、滞在時間、滞在中での利用時間など)の豊富な分析情報を獲得できます。お客様は、 フェースブックやツイッターなどのソーシャルメディアの認証を使用した安全なホットスポットシステムにログインするか、もしくは、簡単なフォームに記入します。

今回の契約について、パープルWiFiの最高経営責任者であるギャビン•ウィールドン氏は「 ナレッジ・トラベル・パートナーズは業界でよく知られたブランドですし、クライアントの大規模なネットワークを持っているため、パープルWiFiの販売範囲の増大を見込めます。

パープルWiFiのユーザ解析の一部

パープルWiFiのユーザ解析の一部

ナレッジ・トラベル・パートナーズ日本のロッド•ウォルターズ氏は「パープルWiFiは、日本の接客業と小売市場に最適です。WiFiへの投資に対しての利益を明確に提供しています。パープルWiFiは実行が簡単で使いやすい、うまく設計されたサービスです。そのため、私たちの他のマーケティングサポートサービスを充分に補います。 」

ナレッジ・トラベル・パートナーズについて:

  • ナレッジ・トラベル・パートナーズ(略称「ナトラ」)は、日本の接客業、小売業や卸売業に対しコンサルティングを行います。
  • ナトラはマーケティング、コミュニケーション戦略や経営推進に関するご相談に乗ります。
  • ナトラには、地方公共団体、公共機関、民間のクライアントがいます。

 

お気軽にご相談下さい。
info@natora.jp

 

ブラッド・クレーマ監督が道後を撮る

我々ナトラが、フォトシェアリングSNSアプリのInstagramにて関係を築いた、世界的に有名な映画監督、ブラッド・クレーマが日本でもう一度映画を撮ります。日本での広い人脈を活かし、ナトラのロッド・ウォルターズは、2014年4月で行われる「道後オンセナート」のプロモーション映画プロジェクトを企画しました。ブラッド・クレーマのフィルターを通したすばらしい映像作品が世界へ公開されます。2013年11月中にクランクインする予定です。

 

左:ブラッド・クレーマ

Brad Kremer(ブラッド・クレーマ)プロフィール

映像作家(映画プロデューサー・監督)

主にアクション・スポーツとドキュメンタリー作品で定評のある映像作家。

「バートン・スノーボード」では映画監督として、ショーン・ホワイト、ジェレミー・ジョーンズなど 有名スノーボーダーを撮影し、さらには、ナイキ、レッドブル、DCシューズ、 Xゲームなど数多くの大手クライアントのCM、プロモーション作品を制作した。また、ライフスタイルとして紀行映画を撮り続け、世界を回りながらほぼ全ての大陸にて紀行作品を作ってきた。 日本で撮った「HAYAKU」は、今まで百万人以がネットで視聴、評価されている 。

ブラッドは常に最先端のカメラと撮影技術を駆使し、最近では超高速度撮影や立体映像(3Dカメラ)、超解像度 撮影(4Kカメラ)を使って新しい表現に挑戦している。また、低速度撮影の開拓者でもある。

カリフォルニア州で育ち。現在、日本人の妻(道後出身)と3人の子どもとルイジアナ州サバンナ在住。 映画製作会社で働きながら、日本での作品作りに興味を持っている。
「世界中で訪れた場所のうち、日本は特に心に残る国だ。人々、文化、地形はとても魅力的だ。今後の人生をかけて日本を撮影しても、飽きないだろう。」と日本の魅力を述べている。

ブラッドは今後、日本で他の案件にも対応可能です。興味のある方はinfo@natora.jp まで。