松山のええもん&うまいもん(お菓子)
« Home »
7月 21st, 2015 コメントは受け付けていません。

松山のええもん&うまいもん(お菓子)

Tags
Plurk
Share this

 

松山のお土産に、美味しいお菓子はいかがですか?

 

●霧の森大福(霧の森菓子工房松山店)


抹茶を贅沢に使った大福で、やわらかい餅に練り込んだ抹茶のほろ苦さと、中に包まれたこしあん、生クリームのほどよい甘さとの絶妙なハーモニーを楽しめます!

店頭でもすぐに完売してしまう日があるほか、お取り寄せは数ヶ月待ちとなる大人気商品!松山に来たら要チェックです。(ご来店前に在庫をご確認ください。)

http://kirinomori.com/

 

●ベビーポエム((株)母恵夢)

白あんに新鮮な卵の黄身を加えた黄味餡を、北海道産のバターを使ったまろやかな生地で包んで焼き上げます。

和菓子の上品な味わいと、洋菓子素材の芳醇な風味を独自の製法で調和させた和菓子です!ほんのりバニラの香りとともにお楽しみください。

http://www.poeme.co.jp

 

●松山銘菓薄墨羊羹こざくら((株)中野本舗)

江戸時代から続く松山銘菓薄墨羊羹は地元にある名桜「薄墨桜」にちなんだ羊羹で、大正8年の菓子博覧会で最高賞の名誉大賞牌など数々の賞を受賞している松山を代表する和菓子です。和菓子をよりカジュアルにおしゃれに食べていただきたいという思いから生まれた餡ファンシリーズも各種販売中です。

http://www.usuzumi.co.jp

 

●坊っちゃんだんご(亀井製菓(株))

夏目漱石の小説「坊っちゃん」に登場する住田(現在の道後)のだんごに由来した松山を代表する銘菓です。抹茶餡、黄身(卵)餡、小豆餡の三色の餡でそれぞれ餅を包み串に刺した愛らしいお団子は甘さ控えめでまったりとした優しい味わいで、お土産としても絶大な人気を誇る逸品です。

http://www.kameiseika.jp

 

●坊っちゃん団子((株)うつぼ屋)

夏目漱石の小説「坊っちゃん」にちなんでつくられた、抹茶・黄・小豆3色のあんの中にお餅の入った四国道後銘菓!

http://www.utuboya.co.jp

 

●六時屋タルト((株)六時屋)

北海道産の厳選された極上小豆を使用した自社製あんをカステラで1本1本巻き上げる手づくりにより、独特の風味に仕上げました。

http://www.rokujiya.co.jp

 

●一六タルト2本入((株)一六本舗)

タルトといえば、明治16年創業の「一六タルト」。タルトは江戸時代、長崎探題職を兼務していた松山藩主・松平定行公が、長崎でポルトガルから伝わった南蛮菓子タルトを食し、その味を賞でて製法を松山に持ち帰ったとされています。

四国特産の柚子と白双糖を加えたこし餡をやわらかなスポンジでまいたお菓子で、人気の柚子と抹茶の2本入りです。

http://www.itm-gr.co.jp/ichiroku/

 

●道後温泉まんじゅう(しらさぎ舎(や))

道後温泉から東へ、51番札所石手寺さんの正面にあります。

店内工房で作る「道後温泉まんじゅう」はしっとり黒糖香る粒あんのおまんじゅうで、しらさぎの焼印入りどら焼き「刻太鼓」も人気です。

店内には縁台、店頭には足湯を設けており、石手寺さんの緑を眺めながら心地よい一時をお過ごしください。

電話番号: 089-914-0388

 

詳しくは、松山観光コンベンション協会 「ええもん&うまいもん」(コチラから)をご覧ください!

ぜひご賞味ください!!

 

Comments are closed.